Engimo

Top / 一覧 / 詳細

エンジニアの収入について

2019年06月02日

30代からエンジニアとしてキャリアアップ、年収アップをさせるには、20代の内にどういう案件やお仕事を経験しておくと良いでしょうか?

匿名エンジニア

回答(全4件)

るぱん 2019年06月09日

エンジニアにも、開発系なのか、サーバの構築、運用、保守、製品サポートなど様々あります。個人的な意見としては開発系で行くならできる限り2つ以上の言語を習得しておいたほうが良いと思います。20代のうちにやっておくべきことで個人的なアドバイスとしては以下です。

①言語なら、PythonやRubyなど。ネット上で稼げる開発言語などを検索して上位に来る言語を2つぐらい触れておくとよい。
②20代のうちに必ず、新人メンバーなどの教育やトレーニングを担当する。期間は問わないが、わからない人に教える経験を
 積むこと。
③プロジェクトで、可能な限りPMなどの役職を経験しておく。PM補佐などでもいいです。人ともの、お金について考える
 経験をつむ。
④英語を読み書き、話せるまでになるとかなり幅が広がる。英語を使ったプロジェクトがあるなら必ず応募しておく。

私は29歳の時に某大手外資企業のサポート部門の管理職に応募し転職しました。23歳で仕事を始めてから29歳までの間に
上記を徹底しました。あとは自分には無理かもと思っている業務であっても、必ず手を挙げて参加しましょう。20代なら
ミスしても許されますし、経験を積めます。一番足を引っ張ってしまうのは、慎重になりすぎな自分の心です。頑張ってください!

匿名エンジニア 2019年06月10日

るぱんさんのご意見に同感です。
切り出されたシステム開発だけではない、部署最適や事業最適になるような仕事を沢山経験しておくことが重要です。不具合のissueの修正ばかりだったりすると、中長期的には伸び悩むと思います。

匿名エンジニア 2019年06月13日

マネジメント系の業務にシフトできるよう準備したほうがいいと思います。
すでに書かれてますが、PM等の役職につけたら年収アップにつながるかと。
リーダーやマネージャーの仕事を少しずつもらったり、接点を増やすと良いかと思います。

ゆう 2019年07月03日

インフラ(クラウドでOK)からフロント、バックエンドまで、webシステムをまるっと一人で作れるようになっておくと、会社に依存しないで生きていけるようになります。

もしSIerなどに勤めているとサーバ側開発しているのに、インフラ構築しないとかありそうなんで、インフラも必ず手を出した方がいいです。
ウォーターフォールな現場でなく、スクラム開発しているようなアジャイルな開発スタイルの現場の方が良くて、テストを書き、コードレビューが当たり前に実施される現場の方が良いです。

多少ブラックかもですがユーザー直請けしてるようなWeb系ベンチャーに飛び込んで荒業するか、業務じゃなくても、土日に小さくても、簡単なWebサービスを一人でコツコツ作って、公開してみるとかやってみると、人生変わると思います。

[v-cloak] { display: none; }